まずは自分を知るところから!あなたの理想の睡眠時間は??

あなたにとっての理想の睡眠時間は、何時間でしょうか??

「8時間」と答えたくなるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。適正な睡眠時間は、人それぞれ異なります。6時間の人もいれば、8時間の人もいますし、中には4〜5時間で十分というショートスリーパーや、9〜10時間は必要というロングスリーパーの方もいます。

では、その測り方は?こちらの記事にもまとめてあるのですが、自分にとっての必要な睡眠時間は、とてもシンプルな方法で計測可能です。

やり方は、翌日が休みの日に、目覚まし時計のアラームをかけずに寝てみることです。そして、自然にすっきりと目が覚めた時点での時刻と就寝時間の差が、あなたの理想の睡眠時間になります。

(ただし、寝不足が続いていたり、極度に疲労が溜まっていたりすると、本来の適正睡眠時間よりも長くなる場合もあります。)

ナチュラルに、すっきりと目が覚めた時刻が7時間後であれば、あなたにとって必要な睡眠時間は7時間です。これは、生まれ持った体質によるもので、基本的に一定のものだと考えてください。

たまに、「◯時間睡眠法」なるものが提唱されていたりもしますが、例えば、適正睡眠時間が7時間の人が、5時間睡眠を実行しようとしても、単に寝不足の日が続いて疲労が溜まるだけです。

短時間睡眠も、数日頑張れば慣れが生じて、眠気は感じづらくなります。しかし、体をだますことはできず、2時間の睡眠不足なら、きっちりその分の疲労が蓄積していきます。

ですので、無理に睡眠時間を短くするのではなく、睡眠の質を上げる方向で、眠活に取り組んでみてください。

◆前回の記事
「眠活」って何?良質な睡眠が人生を変える!

コメントを残す