朝のシャワーで体を意識的に活動モードに!

眠活というと、つい夜の活動かと思われるかもしれませんが、朝や昼などにもできることがたくさんあります。

その代表例が、朝のシャワー。起きたあとに、少し熱めのシャワーを浴びることで、体の深い部分の体温(深部体温)が上昇します。

深部体温が上がると活動的になり、下がると休息に備えはじめるのが人の体の仕組みです。ですので、これから活動する朝に意識的に深部体温を上げておくと、朝と夜にメリハリがついて、夜のスムーズな入眠につながるわけです(^^)

◆前回の記事
寝不足はよくない。では、寝過ぎる分にはいいの??

コメントを残す