夜はぬるめのお風呂で眠気を促す

以前、「朝は熱めのシャワー」をオススメしました。深部体温を上げて、体を活動モードにするためです。

では夜は??

深部体温を下げれば、体は休息モードに入っていきます。
具体的には、寝る1、2時間前にお風呂に入り、38℃くらいの少しぬるめの湯に20〜30分ほど浸かることです。そうすれば、就寝時間には自然な眠気が出てきて、スムーズに寝ることができます。

反対に、夜に熱めのお湯に長い時間浸かってしまうと、朝の熱めのシャワーと同様に深部体温を上げてしまうので、寝付きは悪くなってしまいます。

夜は、「早め&ぬるめ」の入浴を心がけてみてください(^^)

◆前回の記事
朝のシャワーで体を意識的に活動モードに!

コメントを残す